☆日常の足跡☆

日常の出来事を綴った日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初日舞台挨拶へ行ってきた(^○^)



昨日(7/27(土))丸ノ内ピカデリーで行われた『天の茶助』の初日舞台挨拶へ行ってきました✌

昨日、『ストレイヤーズ・クロニクル』の初日舞台挨拶もあって、そちらへも行きたかったけど
どちらかを選ぶとしたら、チケットが取りやすい方にしました🎫

でも、行って良かったー😊
笑いのある楽しい舞台挨拶でした。

松山ケンイチさんの実物を初めて見た印象は、子供からそのまんま大人になったような感じを受けました。いい意味でね。

大野いとさんは、スレていない清純派の女優さんで、言葉を話せない役でしたが
人前で話す事が本当に苦手な感じがしました。

伊勢谷友介さんは、イケメンなおじ様⁉
すごい余裕があって、お客さんウォッチングしていましたね〜💦

玉城ティナさんは、可愛いらしい子だけど
良く分からないです。
映画初出演という事で、緊張もしていたんでしょうか?
髪を頻繁にかきあげていたので、表情が分かりにくかったかも❗

そして主題歌を歌っているMs.OOJAさん。
一曲歌ってくれるのかな⁉
と期待していましたが、それはなかったです。
サバサバしている印象を受けました。


この映画のストーリーは
天界には、人生のシナリオを書いている脚本家逹がいて、下界(地上)の人達はそのシナリオに従ってて運命を全うしています。
1度決まったシナリオは、絶対に変える事が出来ない。

天界では茶番頭をしていた茶助。
脚本家逹にお茶を配りながら、脚本家逹が書いたシナリオを眺めながら下界の人間逹の様子を伺っていた。

その中でも口のきけない純粋な女性に(大野いと)に恋をしていた。
しかし彼女は、交通事故で死ぬ運命。
そのシナリオを変える為に、シナリオに何の影響もない茶助が下界へ降りる。

とまーそんなストーリー。
笑いありで、ホロリと涙する部分もあって
面白い作品でしたよ😊

本当に天に脚本家がいるのなら、命の運命はそのままでいい。
どんな形でもいい。
1人だけ分かち合える異性と出会えたら❗なんて思います。
スポンサーサイト

テーマ:ジャパンプレミア・舞台挨拶 - ジャンル:映画

  1. 2015/06/28(日) 10:18:15|
  2. 映画
  3. | コメント:0
<<海のふた | ホーム | モーニング(^^)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。