☆日常の足跡☆

日常の出来事を綴った日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海のふた



最近では、ネットでも試写会があったりするのね。

よっしゃ〜🙌
先着300名というから楽勝に見るわ😊

ストーリーは、都会で働いていたまり(菊池亜希子)が西伊豆の田舎へ戻り、かき氷屋を始める。
そこへまりの母親の友達の娘、はじめ(三根梓)が一緒に住み、かき氷屋を手伝う事になる。

この映画を見て、何を訴えたいのか私には分からなかった💦
タイトルの海のふたって何👂✋⁉
無の状態になって、海に身体をまかせて横たわっている人そのものがふたなの❔

たぶん、この作品は
人によってふたという物が違うのかも知れない。
だから奥深いのかも❗

私にインパクトがあったのは、結構広範囲になるけど
まりが都会で働いていたのに、田舎へ戻って
昔の記憶を追いかけているシーン。

田舎者の私には良〜く分かるんです。
あまり変わり映えのしない田舎でも時代の流れを感じます。

あともう1つのシーンで、セールスマンが儲かるからって、かき氷屋をフランチャイズにしないかと持ちかけてシーン。

まりとはじめは断るんだけど、『お金は好きです。でもお金だけじゃない。
あって困る事もある』
というニュアンスの言葉を言った場面。

いや〜😅
お金はあっても困らんよ❗
でもお金では買えない物ってあるし、お金がある事で、変わってしまう人や
人の痛みを分からないってのもあったりするしね☝

この映画、ゆったりとした映画で
老若男女に関わらずに見れる作品だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2015/07/04(土) 06:35:42|
  2. 映画試写会
  3. | コメント:0
<<きみはいい子 | ホーム | 初日舞台挨拶へ行ってきた(^○^)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。